vライン脱毛が痛いって噂は本当でしょうか?原因や対策まとめ

vラインの毛の悩みは多くの女性が抱えていると思います。

いっそ脱毛してつるつるな肌を手に入れられたら楽なのに!と何度も思った人は多いのではないでしょうか。

しかし脱毛について興味があってもデリケートな場所なのでなかなか相談するのも恥ずかしいし、さらには脱毛も痛いと聞くし、なかなか行動に移せない人もたくさんいらっしゃると思います。

今回はそんな多くの女性の悩みの種であるvライン脱毛について調べました。

そもそもvライン脱毛が痛いと言われる原因は?

そもそもvライン脱毛が痛いと言われる原因とはいったいなんでしょうか?なぜ脇や腕といった部分より痛みが強く感じるのでしょうか。

その原因はvラインに生えている毛の質が固く太いからのようです。
この毛にレーザーや光を照射されるから、ほかの体の毛の薄い部分より痛いみたいです。
それに加えて皮膚が薄く敏感な箇所なので余計に痛みを感じるようです。

実際に体験談を聞くと「手に汗を握って耐えた」、「思わずうめき声が出た」などと思わず怯んでしまうようなコメントの数々…さらには「IラインやOラインはもっと痛い」という情報もありました。

しかし「思っていたより痛くなかった」、「脇脱毛の痛みと同程度」という人もいたので、感じ方は人それぞれのようです。

vライン脱毛の痛み対策はどうしたらいい?

では痛みの対策として何が有効なのでしょうか。

まずは対策というほどでもありませんが、脱毛の回数を重ねることです。

脱毛を繰り返すことで毛質が変わってきますし、本数自体も少なくなってきますので、当然痛みは少なくなります。

だいたい4回目くらいからは痛みが楽になったと実感できるようです。

また痛みへの対策に力を入れているサロンを探すことも大切です。

S.S.C脱毛という「脱毛ラボ」や「ミュゼプラチナム」で使われている脱毛法は口コミでも「あまり痛くない」と評判です。

ハイパースキン脱毛法という子どもでも可能なほど痛くない、刺激が少ない脱毛法なので、こちらのキーワードでサロンを検索してみてもいいと思います。

なかには痛みを抑えるローションを使用しているお店もありますので、ぜひご自分にあったお店を探してみてください。

vライン脱毛の痛みに耐えてまでやる意味とは?

さてさて、色々と書いてきましたが、こんなに痛みに耐えてまでvライン脱毛をやらなくてもいいかななんて思えてきた方もいらっしゃると思います。

ここではなぜvライン脱毛が必要なのかを書いていきたいと思います。

当たり前ですが自己処理の必要がなくなります。

Vラインのムダ毛はよく見えないの処理残しが気になる、剃りずらいのでデリケートな場所に何度刃を当てなければならないなど自分で完璧に処理するのはかなり難しいです。

失敗して大事な場所を傷つけたりしたら大変な事になります。こちらの顔脱毛に関するサイトも見ておきましょう

それよりはプロに数回お願いして、自己処理しない生活を手に入れたほうがずっと楽です。

また生理の時の不快感がない、妊娠・出産のときに下半身を出す抵抗が少なくなる、恋人が喜んでくれるというメリットもあります。

vライン脱毛の痛みを乗り越えて得たものは?

確かにvライン脱毛は痛みがありますし、サロンで下半身を処理してもらうという少し恥ずかしい思いもしてしまいますが、処理が完了した後の生活はとても快適なものです。

ほとんどの人がやって良かった、見た目も良くなり生活も楽になったと考えているようです。

これまで下着や水着から飛び出たり、はみ出たりしているのではないかと気になっていた毛の問題を気にしなくてもいい生活を目指してみませんか。